時効の援用で上手く切り抜けよう|奥の手がまだある

泣き寝入りしないために

弁護人

交通事故でケガをして体に不調が残り、治療を続けても良くならない場合には保険会社から治療費の支払いをストップされます。そういった場合後遺障害等級申請をして認められれば、等級に応じて慰謝料の支払いを受けることができます。申請する際に弁護士に依頼すればより多くの慰謝料を受け取れます。

相続・終活ブームの裏で

女性

遺言作成は書式が決まっていたりして難しいものです。また財産の配分も好きなように決めると相続争いの火種になりかねません。そのため付言事項として財産配分の理由やその後の希望など色々書いておくと良いでしょう。

借金がチャラになる方法

男性

時効の基本知識

時効とは、一定の時間が経過したことを理由に、本来の権利関係と異なる権利関係の成立を認める制度のことで、取得時効と消滅時効の二種類があります。借金がチャラになるのは消滅時効に該当するケースで、債権および所有権以外の財産権が対象となり、貸金業者から借りた場合の時効成立は5年、個人から借りた場合は10年経過することで消滅時効が完成します。時効が完成すれば、その効果は起算日に遡って成立します。つまり、最初から借金がなかったことになり、利息を払う必要もなくなるわけですが、消滅時効はただ待っていても確定するわけでなく、当事者が「時効が完成したから借金は払わない」と宣言しなければいけません。これを時効の援用と言います。

まずは法テラスで相談を

時効の援用を行なうには、いろいろな条件を満たす必要があります。たとえば、借金があることを認め、債権者の請求に対して承諾行為をしてしまうと、その時点で消滅時効が中断し、起算日はリセットされてしまいます。また、消滅時効が完成していても、そのことを知らないまま債権者の請求に対して承認してしまうと、その後に時効の援用を行使しても、債権者の期待を守るため、認められなくなります。時効の援用を正しく行なうためには、法律の専門家の力を借りるのが一番ですが、最近では「法テラス」と呼ばれる機関が、法律に関する相談窓口として機能しています。相談だけであれば無料で受けることができ、適切な弁護士を紹介してもくれることから、費用に不安のある人たちの第一歩としてお勧めです。

相続税の申告をするには

法律書

相続税を軽くするためには贈与などを活用することが大切です。また相続税申告は被相続人が亡くなった日から10か月以内に申告及び納付をする必要があります。相続税の申告は被相続人の財産を確定し遺産分割協議を成立させることで下準備が完了します。申告書は税理士に依頼することが無難です。