時効の援用で上手く切り抜けよう|奥の手がまだある

泣き寝入りしないために

弁護人

慰謝料の額が増える

交通事故被害にあってケガをしたら、相手側の保険会社からケガの程度に応じて保険金が支払われます。その為事故にあったら必ずすぐに病院に行って治療を受け、診断書ももらっておく必要があります。ケガによっては後々まで体に不調が残る場合があります。傷は完治しても痛みが残り日常生活に支障が起こることも少なくありません。しかし治療を続けてもこれ以上症状が回復しないとわかったら、相手側の保険会社は治療費の支払いを停止します。こういった場合後遺障害等級申請をして認められれば、後遺障害慰謝料を保険会社から受け取ることができるので治療を続けられます。後遺障害等級申請は保険会社に依頼することもできますが、自分で申請した方がより多くの慰謝料を受け取れる可能性が高くなります。

弁護士に相談した方が良い

後遺障害慰謝料は体に障害が残った程度によって等級が決まられ、等級が上がるほど慰謝料の額も多くなります。保険会社は自分の会社の不利益になるため、なるべく等級が低くなるよう申請する可能性があります。等級申請は医師の診断書など必要書類を提出して行いますが、手間がかかる上申請の仕方によって等級が変わってしまいます。より多くの慰謝料を受け取るためには後遺障害等級認定に詳しい弁護士に依頼した方が良いでしょう。弁護士に依頼した場合と保険会社に依頼した場合で受け取ることができる慰謝料を比べると、平均して3倍差があります。また後遺障害が残らなかった交通事故の場合でも、弁護士に依頼した方が慰謝料を多くもらえます。弁護士が算定する慰謝料は過去の交通事故裁判の判例を基準にしたもので、保険会社の基準に比べて高いものだからです。交通事故に関しての相談は無料で受け付けている弁護士も多いので、費用のことを気にせず相談できます。