時効の援用で上手く切り抜けよう|奥の手がまだある

相続税の申告をするには

法律書

相続税は一定以上の財産を保有している人が亡くなった場合に課税されるものです。したがって相続税申告は人が亡くなった際に必ず申告しなければならないというものではありません。では相続税の課税を軽くするためにどうするのかというと贈与をはじめとした相続税対策を行っておくことが大切となります。この対策を講じるためには税理士を活用することでより大きな効果を得られます。税理士は税の専門家であり贈与税や相続税などの専門家であるため広い範囲での対策を講じることができます。相続税申告は相続人が亡くなった日から10か月を経過する日までに申告及び納付を行う必要があります。相続税申告が遅れた場合には特例が適用できないなどのデメリットが発生します。

相続税申告で考えるべきこととして手順を追って申告準備を行うことです。この手順は税理士などの専門家を活用して行っていくと時間や手間を節約することになります。まずそもそも相続税申告を行うためには財産を確定する必要があります。これは被相続人が保有している財産すべてをまとめる必要があり、家財なども含めて財産になります。さらにここから財産を相続人でどのように分割するかを決める必要があります。遺産分割協議です。これで下準備は完了しあとはこれらの要素を基にして相続税申告を行うことになります。ここから先は税理士に依頼し完成させることが無難です。申告書作成を一般の人が行うには非常に煩雑な処理や書類作成が必要となるからです。